人

楽しみながら投資をしませんか

楽しみながら投資するというと怪しげな雰囲気が漂いますが、危険な取引ではありません。最近金に注目が集まっていますが、金貨を買い続けることで楽しみながら投資が可能です。

金貨を見たことがある人もいるでしょうが、デザインがなかなか凝っています。外国人の感覚は日本人とは違いますが、何枚も並べておくと壮観です。発行した年によってデザインが微妙に違うものもありますから、収集の趣味がある人にもお勧めです。

金貨は長期的に買い続ける人が多い投資商品です。金貨や金の延べ棒を長期間にわたって少しずつ買い続けることで、価格の平準化を図ることができるのです。金は長期投資が一番適した投資の一つです。金の販売会社が、子供の誕生日の都度金貨を買い続けることで、記念品にすることができるというキャンペーンをすることもあります。

古くから金の販売会社は、定額積立の形式でコツコツと、定額ずつ金を買い続ける投資商品を販売しています。価格が低い時期にたくさん買うことになりますから、結果として取得単価が低くなるというものです。手数料がかかりますが、金のインゴットを買うことに比べればはるかに有利です。このような商品は日本限定のようで、海外で同様の商品を売り出しても人気がなく、国民性が違うようです。

金投資は、自分の総資産の1割程度が適正だと言われています。しかし、最近日本国債のクラッシュによる経済混乱が囁かれていますが、このようなリスクに備えるのであればもう少し高い方がいいかもしれません。

楽しみながら投資をする方法として、お金ではなく現物を保管する方法があります。生半可の知識を持っている人が手を出すことは絶対にお勧めできませんが、ワインの共同出資がたまに宣伝されています。ある程度の設備と資金があれば、自分自身で価値のあるワインを買うのもいいかもしれません。ただし、投資としてのリターンがどうかという観点からはあまりお勧めできません。

clear